Author: Onishi Tsugahara

日本におけるオンラインギャンブル市場の概要

日本では、ギャンブルは刑法で禁止されてきました。しかし、これには例外があります。ある特定のスポーツにおける賭け事は許されています。日本のギャンブルの歴史は長く、昔は規制されてはいませんでした。とはいえ、国内初となるカジノが建設されようとしており、ギャンブルをめぐる環境が一気に変わると予想されています。カジノ市場が形成されることにより、オンラインギャンブルの領域も広がることになるでしょう。日本での競争が激化するだけではなく、業界そのものが今後、転換期を迎えることになります。さらに、ゲーム業界における日本の評価は高いことから、日本のオンラインギャンブルへの期待も高まっています。

パチンコ市場

パチンコは、日本で最も人気の高いゲーム機です。初めて耳にしたという人がいたとしても、これまで注意を払っていなかっただけでしょう。日本には、1万2000軒のパチンコ店が存在し、そこにあるパチンコ台数は400万台以上に及びます。業界としての市場規模は、年間20兆7000億円です。近年、落ち込みを見せてはいますが、それはオンラインカジノや最新のスロットマシーンに起因している可能性があります。それでも、パチンコ業界は、年間1494億1000万ユーロもの収益をたたき出しています。その額は、日本の国内GDPの4%を占めています。

パチンコ

規制機関

ギャンブルを規制する機関はありません。この業界の特性上、賭け事の選択肢が多様かつ複雑だからです。各ギャンブルは個別に規制され、さまざまな行政部門がその規制に責任を負っています。ギャンブルに関する規制は、今は完全に分権化されています。しかしながら日本政府は、カジノ建設を機に、ギャンブル業界に関与しようとしており、状況が大きく変化する可能性があります。

ギャンブルによる収益

ギャンブル市場は、大きな可能性を秘めています。中でも、アジアに位置する日本は、ギャンブル市場にとって地理的に優位であるといえます。とはいえ、日本でのギャンブルによる収益の伸び率は、0.2%と見込まれています。現在、世の中がポストコロナ社会に向けて動き出している中、さまざまなビジネスが立ち上がり始めています。そんなビジネスの一つが、実店舗のカジノです。日本は、あらゆる指標を注視し、一定の水準に達する実店舗カジノを建設していかなければならないでしょう。未来の世界は、かつての姿と同じではありません。経済的な予測を慎重に立てながら、カジノを運営していく必要があるのです。

競争


日本がカジノの土台を築いていく一方で、既存のカジノ業界には、競争が起きることになるでしょう。日本では、オンラインカジノ業界が活況を呈していますが、実店舗のカジノが参入することで、さらに激しい業界内競争が巻き起こっていくでしょう。さらに、従来型のパチンコスロットは、新手のスロットマシーンと競争しなければなりません。パチスロには、既にファンがついていますが、最新型のスロットと競争しなければならないとすると、高い性能と水準を維持する必要があります。すべてのビジネスが成功し続けるのは不可能です。日本にもさまざまな課題があります。ゲーム業界での日本の評判は、かなり高いです。ですので、人々の期待を超えるようなカジノを提供できてこそ、日本のカジノ市場参入も成功することでしょう。

ゲーム業界

まとめ

世界のゲーム業界において、日本は高く評価されています。しかし、ギャンブル業界では、まだ足跡を残していません。克服すべき課題や越えるべき壁はまだまだ多いでしょう。

Scroll to top